0

年少組『スポーツデイ🎽』

小春日和の暖かな天気に恵まれ、年少組のさくら、すみれ組のスポーツデイがありました。

縄跳びでは、二つ折りの縄を左右に20回づつ跳んだ後、前跳びにも挑戦しました。

2学期と3学期の間一生懸命縄跳びの練習をし、縄跳びに対する意欲も高まってきました。

日に日に体力もついてくることと思いますので、これからの成長が楽しみです。

縄跳びの後のマラソンは、幼稚園の園庭を2周してからトラック内でゴールをするコースを走りました。

温かい日差しに励まされるように、子どもたちは元気に走り出し、観戦していた先生方からも拍手をいっぱい浴び、走り切った喜びを感じていました。

0

掲示板~SDGsの取り組みについて

幼稚園の2階へ続く階段を上るところには掲示板があります。

春にはSDGsのロゴマークを掲示し、幼稚園で初めてSDGsについて子どもたちに紹介しました。

それ以後、各クラスにてSDGS関連の絵本を見て、今、地球で起こっていることを学んだり、考えたりしてきました。

12月の掲示では、きれいな海と汚れた海を並べて比較してみました。

汚れた海にはプラスチックごみなどがたくさん海に漂い、海の生き物たちは泣いています。

このままゴミが増えると、海の生き物の数よりもごみ数が増えるといわれているそうです。

2月の掲示では、これらのプラスティックごみを減らすために、3Rと+2Rの5Rについて掲示しました。

3Rはリサイクル(再生する)、リユース(再利用する)、リデュース(減らす)の頭文字のRです。

2Rはリペア(修理する)、リフューズ(要らないものを断る)の頭文字です。

子どもたちの普段の会話の中でも、SDGsだから「大事にしなくちゃね。」とか「まだ使えるね。」

などの声が聞かれるようになっています。

0

雪💗だいすき💗

幼稚園の子どもたちは雪がだいすき!

先週、ひらひらと雪が舞う天気となり、子どもたちは両手を空に向けて「雪が降ってきた~。」と大騒ぎでした。

そこで、雪に因んだ満3歳児のたんぽぽ組とちゅうりっぷ組そして、年中組の2月の絵画を紹介します。

満3歳児は、野菜の大根、オクラ、蓮根、小松菜を使ってスタンプして雪だるまと雪を表現しました。

カラフルな色使いで、かわいい雪だるまが出来上がり、子どもたちも大満足でした。

年中組は白のクレヨンで雪の結晶を描き、上から絵の具を塗って、結晶を浮き出させました。

細かい線を絵を見ながら、一生懸命描いています。

色をまとった雪の結晶がステキな作品となりました。

0

年少組『伊勢町公園』へ行ってきました♩

 お天気にも恵まれ、寒さのなかにも暖かな陽気を感じながら

伊勢町公園まで遠足に行きました。

 地域の方々にも元気よく挨拶をしたり、友だちとの会話を

楽しみながら歩いていくうちに、あっという間に公園へ到着!

 大きな遊具には、長いすべり台に螺旋すべり台、

アスレチックネットや登り棒など、初めての遊具にも

喜んで挑戦する子どもたちの姿が見られました。

 広場や築山ではのびのびとおにごっこを楽しんだり、

木のみや落ち葉などの自然に触れ親しむ様子も見られました。

 『伊勢町公園、たのしかったね! またいきたいね!』と、

楽しい一日を過ごすことが出来ました。

0

年長組絵画『泣いた赤鬼』

年長組の2月の絵画は節分の豆まきに因んで、絵本の泣いた赤鬼をテーマに絵を描きました。

10月の観劇でも「泣いた赤鬼」を鑑賞していた子どもたちにとって、このお話は親しみがあり、心に残る物語でした。

赤鬼や青鬼など、自分の思い描く鬼を画面いっぱいに表現しました。

子どもたちが描いたいろんな表情の鬼をご覧ください。

0

年少組絵画『街をつくろう』

年少組の2月の絵画は『街をつくろう』をテーマに、四角や三角そして丸の画用紙を糊で貼って、家や乗り物に見立て、道路や線路、動物や人を描いていきながら、街を表現しました。

線を引いたり、形を取ったり、塗り込んだりしていくうちに、画用紙いっぱいに自分の街が広がっていく様子は、子どもたちにとって、とても楽しい経験になりました。

そして、子どもたちが描いた一つ一つの街は生き生きとして、とても輝いて見えました。

0

交通安全教室~横断歩道の渡り方~

今日は今年度最後の交通安全教室でした。

4月には1年生になり、自分の足で小学校へ通う子どもたちと、横断歩道の渡り方を確認しました。

おなじみのパンダのパンコちゃんも幼稚園に来てくれて、子どもたちは大喜び。

信号機のある横断歩道と信号機のない横断歩道を渡る時の注意点を思い出しながら、パンコちゃんと一緒に安全確認をして渡る練習をしました。

安全教室で学んだことをしっかり守って、もうすぐ1年生になる子どもたちが、交通事故に遭いませんように。

0

SDGSへの取り組み~廃品を使って表現~

年長組では、SDGsに取り組んでいく中で、1月初めに園庭の枯れ葉と、コメを精米する時に出る米ぬかを混ぜて腐葉土作りをしましたが、その結果、ビニール袋に入れていた、たくさんのごみを再利用することができた上に、ビニールゴミ袋の削減にもなりました。

また、物を大事にすることの大切さを知り、その気持ちを育てていくという意味合いで、身近にある廃品で鉛筆立てを作ったり、地球の生物として仮想の物も含め、様々な動物を作りました。

現在進行形として作り続けているこれらの物を、これから今年度のSDGSの取り組みとして一つの形にしていきたいと思っています。

子どもたちの未来のために自分にできることは何か、まだまだ終着点ではなく、これからも幼稚園の中で様々な取り組みと模索が続きます。

0

地震を想定した避難訓練を行いました

今日は地震が起きたことを想定して避難訓練を行いました。

地震の訓練放送の後、火災発生はないという想定で、まず園舎から離れ、被害の状況を判断した上で次の避難に備えることを前提として、園庭の大型遊具前に移動しました。

集まった際は、避難にかかった時間や、訓練時の様子、避難する時に大事なことを話しました。

急いで避難しようとつい走ってしまう場面では、「走らないで、早歩きして。」など、押さない、走らないしゃべらない、戻らないの実践を心がけました。

今朝も宮崎で地震が起きたというニュースがあり、いつ起っても園児が安全に迅速に避難できるよう、いろんな場面を想定しながら、これからも訓練を行っていきたいと思います。

0

そこは「くるくる寿司屋さん」でした!

「お寿司好きですか~?」と言いながら職員室に来た年少クラスの子どもたちに連れていかれて、クラスの前の廊下に行くと、なんとそこは『くるくる寿司屋さん』でした。

子どもたちは口々に「これはマグロ。これは卵焼き。納豆巻きもあるよ。」と勧め上手です。

お店ではまず、「消毒して下さい。」と紙製のスプレーで手の消毒をしてもらい、それからいろんなお寿司を食べました。

レールの上にはお寿司を運んでくる車もタイヤ付きのブロックで作ってありました。

お腹いっぱい食べて「お勘定は?」と訊くと「5円です!」と答える声に思わずにっこり。

明日も食べに行くからね~。