『自然の家へレッツゴー!!』パート①

今日は年長組の子どもたちが楽しみにしていた野外保育の日でした。

目的地はお隣の市にある諫早の国立諫早青少年自然の家です。

ずっと前から担任の先生から自然の家について話を聞いていた子どもたちは、当日になるのが待ち遠しく心待ちにしていました。

『沢遊びってどんな感じかな・・?』『葉っぱのスタンプちゃんとできるかな・・?』

『レストランのご飯楽しみだなぁ。特に味噌ラーメン・・!』『特大のスイカを買ってきたって言ってたけどほんとかなぁ?』などワクワクの話題は尽きません。

さて、最初に紹介するのは自然の家での野外遊びの醍醐味ともいえる沢遊びです。

子どもたちは、まず、坂道を上りながら葉っぱスタンプ用の葉っぱを集め、沢へ続く道を下り、山の中へ分け入っていきます。

積もった落ち葉や湿った土の匂いを嗅ぎ、「臭い。臭い。」と言って歩いていましたが、沢ガニやミミズを見つけるたびに「いた!いた!」と大声で叫び、沢に到着した時には、岩を流れる水を見ていよいよやってきたという興奮に包まれました。

最初に足を浸した時には、「つめたーい!!」とひやりとした感触でしたが、沢を歩き出すと冷たさも心地よさに変わり、どんどん沢を上ったり下りたり大胆に探索をはじめ、途中で見つけたカニを捕まえては大はしゃぎしていました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中