観劇「なんじゃこりゃたまご」「てぶくろ」

今日は劇団チャパさんの人形劇が幼稚園の講堂でありました。

劇は2部制で、年少・満3歳・2歳児組は「なんじゃこりゃたまご」を、年長・中組は「なんじゃこりゃたまご」と「てぶくろ」を見ました。

「なんじゃこりゃたまご」は一つの卵を巡って、動物たちのユーモラスな動きが楽しいお話です。

「てぶくろ」は、おじいさんが雪道に落とした手袋に動物たちが次々にやってくる有名なウクライナ民話です。

子どもたちは、笑ったり、舞台の動きに呼応して言葉を発したり、たくさんの動物たちのユーモラスな動きに魅入り

最後まで劇を楽しんでいました。

劇が終了した後は、子どもたち一人ひとりが、チャパさんの人気のハリネズミさんに優しくタッチして「バイバイ」しました。

楽しい話を見て満足した子どもたちは、「ハリネズミさん、柔らかかった。」と喜んで教室に戻っていきました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中