0

🎵「僕らはみんな生きている」

幼稚園の中には、たくさんの生きている仲間がいます。

そして、子どもたちはその生き物が大好きで、朝登園してくると、ひとしきり様子を観察し、納得すると教室に帰っていきます。

今は、おたまじゃくし、スズムシ、金魚とグッピーがいます。

今朝見てみると、おたまじゃくしは、ほとんど足が生え、カエルになったおたまじゃくしも1匹いて、お尻にしっぽがついたままのカエルを子どもたちは不思議そうに目で追っていました。

スズムシはまだ羽が生えていませんが、日に日に大きくなり、盛んに触角を動かしています。

数年前には4センチだった金魚もしっかり大きくなり、今は全長14センチぐらいになっています。

グッピーもどんどん増えてきて、水槽の中をすいすい泳いでいます。

子どもたちは、いろんな生き物に囲まれて、成長を目の当たりにし、自然の営みを感じています。

0

『自然の家へレッツゴー!』パート④

バッグ製作の後は、子どもたちの最大のお楽しみのすいか割の時間になりfました。

今年のスイカは過去6年間の中でも特に大きく、スイカを取り巻いた子どもたちはやる気満々!!

目隠しをして、竹刀を握り絞めている子へ、周りの子どもたちは、「右、左、前、ちょっと後ろ。」などと誘導し、スイカ割を心から楽しんでいました。

自分たちで割ったスイカを頬張る子どもたちの顔は、今日一日いろんな経験をやり終えた達成感でキラキラ輝いて見えました。

野外保育の中で子どもたちは、幼稚園とは違ういろんな表情を見せてくれ、子ども同士の会話でも先生たちとの会話でも子どもたちが、一舜一瞬を楽しんでいるのが感じられました。

たった一日の経験ですが、自然の中で思い切り心と体を解き放った子どもたちの心に、新たな成長の種が芽生えた一日になったことと思います。

0

『自然の家へレッツゴー!』パート③

ランチをお腹いっぱい頂いた後は、オリジナルバッグ作りです。

沢へ行く時に集めた葉っぱに絵の具を塗って、布バッグにスタンプをしました。

バッグは、幼稚園で仕上げをして、後日、家に持って帰る予定です。

自然の葉っぱの模様が、いろんな色の絵具とマッチして、とても素敵なバッグになりそうです。

仕上がりがとても楽しみで待ちきれません♡

0

『自然の家へレッツゴー!』パート②

次は自然の家のレストランです。

沢遊びを終わる時に「味噌ラーメンが待ってるよ!」と声をかけると、「(ラーメン)のびないうちに帰らなくちゃ!」と俄然帰る足にも力が入ってきました。

今日のメニューは、茄子肉詰めフライ、豚肉と蓮根の味噌炒め、蒸し鶏とキャベツの和え物、ごはん、オレンジ、そして、味噌ラーメンでした。食べ終わった後には、ミックスジュースとレモンとオレンジのジュースを選んで飲みました。

食事をした後は、一人ひとり自分の分を片付けもしました。 

0

『自然の家へレッツゴー!!』パート①

今日は年長組の子どもたちが楽しみにしていた野外保育の日でした。

目的地はお隣の市にある諫早の国立諫早青少年自然の家です。

ずっと前から担任の先生から自然の家について話を聞いていた子どもたちは、当日になるのが待ち遠しく心待ちにしていました。

『沢遊びってどんな感じかな・・?』『葉っぱのスタンプちゃんとできるかな・・?』

『レストランのご飯楽しみだなぁ。特に味噌ラーメン・・!』『特大のスイカを買ってきたって言ってたけどほんとかなぁ?』などワクワクの話題は尽きません。

さて、最初に紹介するのは自然の家での野外遊びの醍醐味ともいえる沢遊びです。

子どもたちは、まず、坂道を上りながら葉っぱスタンプ用の葉っぱを集め、沢へ続く道を下り、山の中へ分け入っていきます。

積もった落ち葉や湿った土の匂いを嗅ぎ、「臭い。臭い。」と言って歩いていましたが、沢ガニやミミズを見つけるたびに「いた!いた!」と大声で叫び、沢に到着した時には、岩を流れる水を見ていよいよやってきたという興奮に包まれました。

最初に足を浸した時には、「つめたーい!!」とひやりとした感触でしたが、沢を歩き出すと冷たさも心地よさに変わり、どんどん沢を上ったり下りたり大胆に探索をはじめ、途中で見つけたカニを捕まえては大はしゃぎしていました。

0

🎵おたまじゃくしはカエルの子🎶

先々週ですが、今年もバスの運転手さんたちが、山へ行っておたまじゃくしを捕ってきてくれました。

子どもたちはすぐに水槽をのぞき込んで、「おたまじゃくしはね、カエルの子どもなんだよ。」と教えてくれました。

日々大きくなっていくおたまじゃくし。

エサは『鰹節』です。

今日は、ひときは体が大きおたまじゃくしのしっぽの付け根に足を見つけました。

子どもたちは「見えない、見えない。」と目を凝らし、「あ、あった!!!!」と見つけて喜びの声を上げていました。

これから、カエルになるまでのおたまじゃくしの変化は見逃せません。

子どもたちと一緒に水槽に目を凝らす日がしばらく続きそうです。

0

「地震です!地震です!」

今日は地震対応の避難訓練をしました。

一斉放送で、サイレンが鳴った後、地震発生のアナウンスが流れ、子どもたちは、先生の指示に従い机の下に隠れました。

次に「揺れが収まったので外に避難をしてください。」のアナウンスで、防災用の頭巾を被り、3か所の避難経路を使って避難を開始しました。

2階の教室からは、それぞれのクラスから近い両端の2か所の避難用滑り台と中央階段を使って避難し、1階の教室からは、そのままテラスから外へ出ました。

建物から出た後は、園庭の奥のほうに集合し、安否を確認し、次の揺れに備えるという形で終了しました。

最近は想定外の自然災害も増えていますので、『一人ひとりの命を守る』ことを第一に考え、繰り返し避難訓練を行っていきたいと思います。

0

ありがとうの気持ちで✧

春に子どもたちと植えた野菜の苗が、大きくなりぐんぐん伸びています。

トマトやナス、キュウリなど採れた野菜は、新鮮なうちに食べるようにしています。

今日はさくら組でキュウリを収穫して食べました。

普段は野菜が苦手な子どもも、自分たちが育てた野菜は喜んで食べています。

植えてから2か月近く経ち、キュウリは蔓を伸ばし、ほかの野菜も枝を伸ばし、葉っぱも大きくなり、いつの間にか花壇いっぱいに成長しています。

野菜たちが、グリーンカーテンになって幼稚園の窓を彩り、暑い日差しを遮ってくれたり、おいしい野菜を実らせてくれたり、感謝の気持ちでこれからも美味しい野菜を『いただきまーす。』 

0

雨もまた楽し☔

本格的な梅雨に入ってきました。

今日は雨の降る中、梅雨ならではの自然を探索する子どもたちの姿もありました。

雨の日は、傘を差したり、長靴を履くのが大好きな満3歳のたんぽぽ組では傘と雨の絵画をしました。

題は「わたしの傘」です。

雨は絵の具のたらし絵で、傘はなぐり書きで表現しました。

子どもたちの手形で作ったカエルの合唱が聞こえてきそうです。

年長組は、梅雨に映えている紫陽花を目の前でよく観察しながら絵の具を使って花の部分を描きました。

葉っぱは筆を使って描いたり、スタンプをしたり、思い思いに表現しました。

子どもたちの描いた「あじさい」はそれぞれの個性が光り、教室の中できれいに咲き誇っています。

0

泳げたよ!楽しかったよ!!

今日は年長組第1回目のビートスイミングでのスイミング教室がありました。

一人一人が無理なくしっかりレッスンを受けられるように、3グループに分かれて行われました。

水に慣れていない子どもも、『顔に水がかかっても大丈夫だよ!』というところから丁寧に指導を受け、レッスンの間に、みるみる水に親しんでいく様子が窺えました。

また、安全に配慮したプールの入り方やビート板の使い方などを習い、あっという間に1回目のレッスンが終わりました。

段階的な細かい指導のお陰で、「泳げたよ!!」「楽しかった!!」「また、やりたい!」と、それぞれの子どもが自信を深め、次のレッスンを楽しみにしながらバスに乗って幼稚園に帰りました。